東レ・オペロンテックス株式会社

HOME  複合繊維(ポリエステル)   ライクラ®T400™ファイバー

「ライクラ®T400™ファイバー」

FIBER Innovation

様々な用途展開が可能な伸縮繊維

ライクラ®T400™ファイバーは、伸縮性ファブリックの多様なニーズに対応するために開発された、ポリエステル系複合繊維です。従来のナイロンやポリエステルの加工糸を使用したストレッチファブリックに比べ、優れた伸縮性を持っているのが特長です。アルカリ処理やケミカルウォッシュなどの後加工にも強く、耐久性にも優れているため、広い用途展開が可能な伸縮繊維です。

優れた伸縮性を実現したバイコンポーネント・テクノロジー

imageライクラ®T400™ファイバー断面図(イメージ)

ライクラ®T400™ファイバーは、異なる結晶構造を有する2つのポリマーが紡糸段階で複合されたバイコンポーネント糸です。2GT、3GTと呼ばれる2つのポリマーは、それぞれ異なる収縮率をもっているため、原糸の段階から既にクリンプ(捲縮)が発現しています。これが生地の染色加工工程で熱が加わることによって、さらに深いクリンプ(捲縮)が得られます。そして、3GTポリマー自体が有する優れた伸長回復性と相まって、ファブリックに豊かな伸縮性が生まれるのです。


クリンプ(捲縮)性比較

ライクラ®T400™ファイバーのきめ細かく均一なクリンプは、ファブリック品位の高さに反映されます。

image

優れた伸張回復性

伸長回復曲線(熱水処理後)image

ライクラ®T400™ファイバーの伸縮性は、従来のポリエステル加工糸を使ったストレッチ繊維に比べて抜群の伸長回復性があります。

FABRIC Innovation

ストレッチファブリックの特性比較

ライクラ®T400™ファイバーを使用したファブリックは、従来の加工糸タイプのストレッチ繊維では得られなかった高い伸長回復性を発揮します。また、耐塩素性にも優れており、ブリーチ加工も可能です。ライクラ®T400™ファイバーの染色温度は120℃と、通常のポリエステルに比べて低温で染まるため、ウールなど天然繊維との混用にも適した素材です。

  ライクラ®T400™ファイバー混ファブリック PET加工糸混ファブリック PBT加工糸混ファブリック
伸縮性 △~○
回復性 ×~△ △~○
耐塩素性
白度保持性
染色温度 120℃ 130℃ 120℃
寸法安定性 ×~△

ストレッチファブリックの薄地・軽量化を実現

ライクラ®T400™ファイバーなら、十分な伸縮機能を持ちながら、目付の軽い生地づくりが可能です。

  ストレッチ率 目付
ライクラ®T400™ファイバー使い薄地織物 15% 117g/m2
ポリウレタン使い薄地織物 15% 131g/m2
綿100%薄地織物 15% 121g/m2
優れた寸法安定性(低収縮性)   優れた耐塩素性
ライクラ®T400™ファイバーには、洗濯、乾燥による生地収縮が小さく、寸法安定性に優れています。   ライクラ®T400™ファイバーは、ポリウレタン繊維が苦手とする塩素漂白に対しても優れた耐久性をもっていますので、ブリーチ加工や、塩素漂白が必要とされる衛生関係の衣料にも適用可能です。
●タンブラー乾燥による寸法変化率
(約70℃、30分)
  ●塩素耐久性比較グラフ
(塩素濃度600ppm、生地伸張率30%)
image   image

組成表示(例)

image

クリーニング店や一般消費者に対して複合繊維(ポリエステル)使用製品の取扱いに際し注意喚起のため、ポリエステル組成表示の下に、文字の大きさを変え、ポリエステル混率を100%として( )つきで、ポリエチレンテレフタレートとポリトリメチレンテレフタレートの混率を表示することを推奨します。

ライクラ®T400™ファイバー使用ファブリックのお取扱い表示

(1) 取扱い絵表示(推奨例)

image

(2) ケアラベル

家庭用アイロン台はバキューム機能が 無いため、アイロンを一ケ所に停止させた場合は、設定温度目盛より、実際には高温になる傾向にあります。「アイロンを一ヶ所に停止させないで下さい」等のケアラベル表示をお願いします。また、綿混素材等でシワが取れにくい場合は、「シワが取れにくい場合はスチームもしくは霧吹きを併用して下さい」との表示を推奨します。

注)上記はライクラ®T400™ファイバー混用商品の一例に関する推奨条件です。取扱い絵表示は生地組成、縫製仕様、付属品等により異なりますので、予めそれぞれの製品にてご確認頂きますようお願いいたします。

ページTOP
スマホサイト版に切り替え