東レ・オペロンテックス株式会社

HOME  ポリウレタン弾性繊維   T-909B

カチオン可染タイプ T-909B

世界初のカチオン可染ポリウレタン弾性繊維。ソフトな伸縮特性も備えました。

カチオン染色対応のライクラ®ファイバー

ライクラ®ファイバー T-909Bは、東レ・オペロンテックス社独自技術により、カチオン染料による染色が可能となったポリウレタン弾性繊維。いわゆる「目ムキ」防止効果があるほか、ナイロンなど他の繊維を組み合わせて、異なる染料による染め分けなど、意匠の幅も広がります。

カチオン可染ポリエステルとの染着差比較

カチオン可染ポリエステルと、ライクラ®ファイバー T-909Bをそれぞれ編成した試験布を同時に染色。ポリエステルとの濃淡差の少ない、美しい発色が得られます。

カチオン可染ポリエステルとの染着差比較

ナイロン交編による染め分け例

たとえば、T-909Bとナイロン糸とを交編し、カチオン染料と酸性染料で染色することで、右の写真のような微細な染め分けが可能となり、ファブリックに多彩な表情が生まれます。

ナイロン交編による染め分け例

ソフトに伸長、素早く戻る原糸特性

ライクラ®ファイバー T-909Bは、伸長時には小さな力で大きく伸び、回復時には素早く本の長さに戻ろうとする、ライクラ®ソフトファイバーとしての原糸特性も備えています。

SSカーブ比較

SSカーブ比較

プール水中塩素にも強い

ライクラ®ファイバー T909Bは、水着素材に求められるプー ル水中塩素への高い耐久性も備えており、快適なフィット感 が長持ちします。

耐プール水性の原糸での比較
(当社レギュラー品の耐久性を1とした場合の比較)

耐プール水性の原糸での比較

ページTOP