東レ・オペロンテックス株式会社

HOME  LYCRA®NEWS  寄せて上げて見た目もキレイ!YoseAgehaに視線が集中!

LYCRA®NEWS

2008/12/24

寄せて上げて見た目もキレイ!YoseAgehaに視線が集中!

インパクトのあるネーミング通り、蝶のようなルックスと谷間の演出で、ドキッとするほど美しいバストシルエットを実現する YoseAgeha(ヨセアゲハ)。2007年春のデビュー以来、ボディラインの変化に悩める女性の心をギュッと掴み、リピーターが続出中!この話題のブラの魅力と最近のインナー事情について伺いました。

教えてくださったのはこの人!

photo

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社
プロダクト・マネージメント1部 商品企画1課 専任係長 繊維製品品質管理士

小林 和恵(こばやし かずえ)さん

コンセプトは“寄せて上げて、羽ばたく蝶”

YoseAgeha』は、20代前半をターゲットにした『天使のブラ』と、40歳以上のミセスに向けた『ストーリー』の間をつなぐブランドとして、体型の変化が気になり始める28歳前後の女性を対象に開発された。“寄せて上げて、羽ばたく蝶”をキャッチコピーとした商品。パッと見てその特長が伝わるネーミングもインパクトがありユニーク。しっかり補正しながら谷間も美しく演出するところがニクい!

ポイント

長めのボーンが脇に流れたバストをしっかりと寄せてキープする。さらにカップ内側にもリフトアップパーツがあしらわれ、脇寄せ効果をアップ。
深い谷間のカッティングとハの字になったアンダーラインにより、ブラ全体が蝶のように見えるデザインが印象的。

「カップは浅めの設計で、自然なバストラインを描きます。カップにはしっかり補正力を持たせていますが、背中の部分には体にしなやかにフィットしながらパワー感のある、伸縮性のある素材ライクラ®ファイバーを用いました。苦しくないように、着け心地には気を配っています」

photo

また、シーズンごとにモデルチェンジをしていて、今季はメインカラーにホワイトが登場。「カラーがシックになりがちな秋冬アイテムの中で、新鮮であること。そして売り場でも映えるように、との思いからホワイトをメインカラーにしました。凹凸感のあるレースをあしらうことでボリュームを持たせ、エレガントさを強調してみました」

[写真右]
ブラジャー/トリンプ234WHU(品番:16-3923)¥5,565〜ショーツ/トリンプ234ハイキニ(品番T75-4278)¥1,995ともに、カラー/ホワイト、ピンク、ブラック、ブルー


メンズも美尻化!最新のガードル事情

メンズガードルのパイオニアでもあるトリンプ。着けた時にお腹シェイプをサポートするものやヒップアップ効果を狙ったガードルが、20〜50代の男性ファンを拡大中。
「奥さんや彼女が購入していた以前と違って、最近は自分で下着を選ぶ男性が増えています。スーツが細身になった今、若者だけでなくメタボリックを気にするお父さん世代も体型を気にしている人が多いんです。女性モノで培った多くのノウハウを活かして誕生したメンズガードルは、毎回進化しています。今商品は、お腹の引き締めやヒップアップ効果はもちろん、水平に開くカンガルーポケットを実現するなど、さらに使いやすさを追求しました」

日本の下着事情

photo

トリンプは『恋するブラ』など日本女性の心をキャッチするさまざまなヒット商品を生み出しているが、日本のマーケットに不可欠なのは、フィッティングとカラーバリエーションにあるという。

「女性を美しく、女性の魅力を最大限に引き出したい、というのがトリンプの理念です。日本のお客様は下着に対するニーズがとても細やかで、日本やアジアは世界でも下着の色がカラフルだと言われています。欧米で下着の色といえば白、黒、ベージュなどベーシックなものが多い。それに比べて日本は、ピンク1色に対しても明るいものからダークなものまで、何十種類もあるんです。

繊細な色作り、レースのあしらい方、耐久性に至るまで、日本のお客様のニーズに合わせ、商品開発にはさまざまな心配りが必要です。下着は体に直接触れるもの。とくに日本人は肌が繊細なので、着心地を気にするお客様が非常に多い。体の動きに無理なくフィットする、しなやかで伸び感のある素材は欠かせないですね」

1本の糸にこだわり、部位やパーツによってストレッチ素材を使い分けるなど、繊細なモノ作りへのこだわりはショーツ1枚からも伝わってくる。
真摯な姿勢が着心地の良さを重視する消費者のニーズにマッチし、リピーター増加につながっているのだろう。

トリンプカフェでは、キャンペーンや下着にまつわるエトセトラなどのWEB発信や、オンラインショップが充実。一度訪れてみては?