東レ・オペロンテックス株式会社

HOME  LYCRA®NEWS  包み込まれる安心感と機能美 ライクラ®ファイバーを使ったチェア

LYCRA®NEWS

2012/11/14

包み込まれる安心感と機能美 ライクラ®ファイバーを使ったチェア

一見、クールで硬質な印象だが、触れて、座った瞬間、その第一印象は覆された。 浮遊するように身体全体が優しく包み込まれる感覚は、まるでハンモックのようだ。 オットマンに足を投げ出せば、そのまま心地よい眠りに誘われそう…。 ゆったりと思索にふけるのもいいだろう。

SKINTEXの代表商品「ハンモックチェア」

photo

それは、合同会社シーラカンス食堂(兵庫県小野市)の代表でありデザイナーの小林新也さんがデザインした「SKINTEX」(スキンテックス)ブランドの代表商品「ハンモックチェア」。 繊細で優雅な曲線を描くアルミフレームに、伸縮性と耐久性に優れたポリウレタン繊維「ライクラ®ファイバー」のパワーネットを張った極めてシンプルな構造だ。 布地張りのイスには珍しく、座面や背面に中材もない。それでいて、心地よいリラックス感をもたらしてくれるのは、
ライクラ®ファイバーの伸縮性ならではだ。
2重にしたパワーネットの間に、表面がツルッとした別の伸縮素材を入れることで摩擦を抑え、身体の納まりも良くした。表地と中の生地の色を変えることで、モアレのような豊かな表情も楽しめる。

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング2012

photo

10月中旬、東京ビッグサイトで開催されたライフスタイル提案型インテリア見本市「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング2012」では、このハンモックチェアをはじめ、 ライクラ®ファイバーを用いた個性的で機能的なステーショナリーやバッグなどから成るSKINTEXシリーズが、注目を集めた。
「大学時代から究極のソファを追求してきた。そしてたどり着いたのが、東レ・オペロンテックスのライクラ®ファイバーだった」と、振り返る小林さん。
大阪芸術大学デザイン学科在学中、アパレル用途のライクラ®ファイバーを使ったリラクゼーションソファを開発した。 これが、環境及び工業デザイナーである喜多俊之学科長の目に留まり、伊・ミラノで開催される家具・インテリアの国際見本市「ミラノ・サローネ」に出品。 日本、そして海外からも高い評価を受けた。 様々な事情で商品化にはいたらなかったものの、同展で出会った日本の大手生活雑貨チェーンとの研究開発により、個人では困難な第三者機関による耐久テストで安全性・耐久性も検証された。