東レ・オペロンテックス株式会社

HOME  プレスリリース・ニュース

プレスリリース

2010/08/27

ライクラ®ファイバーが「ドラえもんの科学みらい展」出展作品に使われています!

ドラえもんのひみつ道具を、先端の科学技術で実現しようという「ドラえもんの科学みらい展」が9月27日まで日本科学未来館(東京・お台場)で開催中です。

ライクラ®ファイバーは、大阪芸術大学・ロボットデザイン研究会の学生が考えた「未来のともだちロボット」の作品の一部に使われています。帽子ロボット「RABITTA」、「KYOROCKY」、「SEIBOW」は、生き物さながらに頭の上で伸びたり縮んだり、おしゃべりしたり・・・そんな未来の楽しい世界を想像させるロボット。伸縮イメージを表現する素材として、ライクラ®ファイバーを使った布地が選ばれました。

このほかにも、ゆらゆら揺れながら暗い夜道を照らしてくれる「Leaves」、イヌやネコの気持ちを教えてくれ、仲良しの輪をつなげてくれる「Pet-on」など、学生ならではの新鮮なアイデアがずらり。人の気持ちを理解し、まるでともだちのように人間に寄り添う夢のロボットたちが提案されています。

ドラえもんの科学みらい展では、「タケコプター」の夢をかなえた世界最小の一人乗りヘリコプター「GEN H-4」の展示や「とうめいマント」をまとった透明人間の感覚を体験できる「再帰性投影技術」、「どこでもドア」のように実際には遠くにある物や人をあたかもすぐそばに存在するかのように感じさせる「テレイグジスタンス」の体験など、未来を予感させる技術が盛りだくさん。誰もが憧れるドラえもんのひみつ道具は、現在の科学技術でどこまで実現できるのか?夢の世界と先端の科学技術を是非体験下さい!

<「ドラえもんの科学みらい展」概要>
開催期間: 2010年6月12日(土)〜9月27日(月)
会場: 日本科学未来館(東京・お台場)1階企画展示ゾーン
開催時間: 10:00〜17:00 ※8月中の土日は18:00まで開館 (入館は閉館30分前まで)
休館日: 火曜日 ※ただし、7/27〜8/31は開館
URL: http://www.doraemon-miraiten.jp/

photo

▲一覧へ戻る