社長ご挨拶

代表取締役社長 寺嶋 伸一

東レ・オペロンテックス(株)は、 ポリウレタン弾性繊維の製造・販売を行う会社として1964年に事業を開始しました。ポリウレタン弾性繊維は、『身につけるストレッチ素材』としてその用途を拡大しており、インナーウェアやアウターウェア、スポーツウエア、医療用着圧衣料などのアパレル製品、紙おむつやマスクなどの衛生用品になくてはならない素材となっているほか、寝装分野やインテリア用品の素材としても使用されるようになってきました。事業開始当初は商標「オペロン®」にて事業展開していましたが、1999年にはグローバルブランドである「ライクラ®」に変更し、日本国内はもとより世界中の多くの皆様にご愛用いただいています。

当社はその企業理念である「私たちは高機能商品の創造を通じて社会に貢献します」の通り、創業以来50有余年、常に最先端のストレッチ繊維を開発し、単に体にフィットするというだけでなく、塩素や紫外線等への耐久性や様々な色展開による意匠性、消臭性等の機能性を追求し、原料の脱石化や製造工程における廃棄物削減、リサイクル、リユース、CO2排出削減等のエコ対応にも貢献しています。

世の中がめまぐるしく変わる中で人々のライフスタイルの多様化が進んでいますが、当社は引き続き「ストレッチ」や「衣」を中心にさまざまな分野で、皆様の期待に応えられるように取り組んでまいります。また「企業は社会の公器である」との考えのもとで高い倫理観と法令遵守の精神で社会の発展に貢献していきます。

2019年4月
代表取締役社長
寺嶋 伸一