社長ご挨拶

代表取締役社長 田中 良幸

皆様には平素より弊社製品「ライクラ®」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

はじめに、新型コロナウイルスによりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、罹患された方々にお見舞い申し上げます。また、感染者の治療を真摯にご対応いただいた医療関係者のご尽力に感謝すると共に、甚大な影響を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

さて、当社は、ポリウレタン弾性繊維の製造・販売を行う会社として1964年に事業を開始しました。ポリウレタン弾性繊維は、「身につけるストレッチ素材」としてその用途を拡大しており、インナーウェアやアウターウェア、スポーツウエア、医療用着圧衣料などのアパレル製品、紙おむつやマスクなどの衛生用品になくてはならない素材となっているほか、寝装分野やインテリア用品の素材としても使用されるようになってきました。事業開始当初は商標「オペロン®」にて事業展開していましたが、1999年にはグローバルブランドである「ライクラ®」に変更し、日本国内はもとより世界中の多くの皆様にご愛顧いただいています。

当社が掲げる「私たちは高機能商品の創造を通じて社会に貢献します」の企業理念のもと、常に最先端のストレッチ繊維を開発し、単に体にフィットするというだけでなく、塩素や紫外線等への耐久性や様々な色展開による意匠性、消臭性等の機能性を追求すると共に、バイオ原料やリサイクル原料によるサステナブル素材の開発、マイクロプラスチック削減、CO2排出削減等の環境負荷低減にも貢献しています。

世の中がめまぐるしく変わる中で人々のライフスタイルの多様化が進んでいますが、当社は引き続き「ストレッチ」機能の進化を追求し、衣料、衛生材料を中心にさまざまな分野で、皆様の期待に応えられるように取り組んで参ります。また、「企業は社会の公器である」との考えのもとで高い倫理観と法令遵守の精神で社会の発展に貢献致しますので、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2020年7月
代表取締役社長
田中 良幸